お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

四季折々で色を変える日本庭園!嵐山にある「大河内山荘庭園」について

四季折々で色を変える日本庭園!嵐山にある「大河内山荘庭園」について

嵐山竹林を抜けた所にある「大河内山荘庭園」は、昭和の戦前に活躍した映画・時代劇の俳優「大河内伝次郎」さんが造営した庭園です。
入山料にはお抹茶と菓子がついてくるので、中でゆっくりと休憩する事も出来ます。
今回はそんな「大河内山荘庭園」をご紹介します。

目次

  1. 大河内山荘庭園について
  2. 庭園、建物について
  3. 最後に
  4. アクセス方法など

大河内山荘庭園について

大河内山荘庭園について

もともと荒地であった一帯に大河内さんが、約30年もの長い年月をかけて作り上げた日本庭園です。
約2万平方メートルの広い敷地で、嵐山や保津川峡、比叡山や京都の街並みも一望出来たりします。

また、庭園内のいくつかの施設は国の登録有形文化財にも指定されています。

庭園、建物などについて

庭園内の道は細い所が多いです。

大乗閣

大乗閣

登録有形文化財の一つで、寝殿造、書院造、数寄屋造などといった日本の建築方式を取り入れた建造物です。

持仏堂

持仏堂

山荘の初期の建物で、信仰の篤い傳次郎が座禅を行った場所です。

滴水庵

滴水庵

こちらが茶室で、少し休憩する事も出来ます。

月下亭

月下亭

京都市内を一望する事が出来ます。

枯山水庭園

枯山水庭園

少し分かり辛い場所にありますが、大河内傳次郎資料館の前にある細い急な階段を登った所にあります。

最後に

一通り一周したら最後はお抹茶席でゆっくりと、抹茶とお茶菓子を頂いてのんびりするのが良いと思います。
もちろん一周する前に立ち寄るのもありです。
休憩など入れて所要時間は60分程だと思います。

春には桜、秋には紅葉を存分に楽しむことが出来る庭園なので、機会があれば是非立ち寄ってみて下さい。

3

その他 嵐山・嵯峨野

掲載情報は2016年07月11日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内