お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

初夏の花々を愛でる旅へ!春から夏にかけて楽しめる京都の花の名所

[最終更新日]2017-03-21

初夏の花々を愛でる旅へ!春から夏にかけて楽しめる京都の花の名所

町なかが華やかに染まる桜の時期が終わっても、京都のさまざまな社寺スポットでさまざまな花が咲き誇ります。
その中でも絶対に見ておきたい、ステキな花の名所を紹介します。

目次

  1. 東山近郊
  2. 一乗寺・上賀茂近郊
  3. 山科・醍醐・宇治近郊
  4. 松尾・西山近郊
  5. 最後に

東山近郊

蹴上浄水場の「ツツジ」

蹴上浄水場(京都)に咲く平戸つつじ

京都にはツツジの花が咲くスポットが数多くありますが、その中でも蹴上浄水場のツツジは格別!
琵琶湖疏水からの水を浄水する蹴上浄水場には、なんと4,600本ものツツジが咲き誇ります。
満開の時期に合わせて浄水場が無料開放されると、場内は多くの観光客で賑わいます。

時期:毎年GWの期間

得浄明院の「アヤメ」

知恩院の近くにある得浄明院は、アヤメの季節に期間限定公開が行なわれる穴場的寺院。
長野県善光寺の京都別院である得浄明院では、お寺の真っ暗な地下をめぐる「戒壇めぐり」を体験することができます。
境内にはさまざまな品種のアヤメが咲きますが、その中でも「一初(イチハツ)」と呼ばれるアヤメは印象的な美しさを誇ります。

時期:4月下旬~5月上旬

一乗寺・上賀茂近郊

詩仙堂の「サツキ」

詩仙堂

サツキはツツジの一種ですが、一般的なツツジよりも1ヶ月程度遅く花をつけます。
一乗寺の人気スポット、詩仙堂の庭園にある大ぶりの植え込みには、5月末頃ピンク色のサツキの花が一斉に咲き誇ります。
ししおどしの風流な音色が時おり響く境内で、時間を忘れて可憐なサツキの花を眺めてみましょう。

時期:5月下旬頃

時間が止まったようなひとときを過ごす!「詩仙堂」の魅力とは?

京都市左京区一乗寺門口町27

大田神社の「カキツバタ」

大田神社かきつばた

上賀茂神社の境外摂社にあたる大田神社は、京都屈指のカキツバタの名所。
現在国の天然記念物にも指定されているカキツバタの野生群落は、平安貴族が詩歌に詠み込むなど古くから愛されてきました。
約2万5千株というカキツバタの青い花が水辺に一斉に開花するさまは、とても鮮やかです。

時期:5月上旬~中旬

松尾・花園近郊

平等院の「藤」

藤棚

平等院のフジの花は、大ぶりのものでは藤棚から1メートル近く垂れ下がります。
薄紫色の高貴な花が地面ギリギリまで垂れ下がることから「砂ずりのフジ」とも呼ばれます。
平等院のフジは樹齢250年以上といわれ、近年花の数が減少していましたが、専門家による指導で最近は樹勢も回復してきています。
気品あるフジの花が雅やかな平等院鳳凰堂とマッチして、一幅の絵画のような見事な風景を見せてくれます。

時期:4月中旬~下旬

十円硬貨で有名な「平等院鳳凰堂」アクセスや見どころについて

随心院の「シャクナゲ」

随心院の「シャクナゲ」

小野小町ゆかりの門跡寺院である随心院は梅も有名ですが、ツツジやシャクナゲの名所でもあります。
たっぷりと花をつけるシャクナゲが開花すると、境内はパッと華やぐような雰囲気に満たされます。
小町が手紙を埋めたという文塚や、小町が愛用したという化粧井戸などとともに、境内に咲く花々もじっくりと観賞してみましょう。

時期:4月中旬~下旬

つつじにシャクナゲに梅の名所である「随心院」について

勧修寺の「スイレン」

勧修寺 スイレン

山科の南部に位置する門跡寺院勧修寺では、桜の季節が終わると、境内の氷室池にスイレンの花が悠然と咲き誇ります。
華やかな水辺は、モネの絵画『睡蓮』を連想させるようなしっとりとした趣き。
市街地から少し離れていることからあまり混雑せず、じっくりと境内を見て回ることができる寺院です。
他にカキツバタやサルスベリなども楽しめる、隠れた花の名所です。

時期:5月中旬~6月中旬

京都の穴場スポット!山科にある「勧修寺」桜・紅葉・睡蓮が綺麗!

松尾・西山近郊

松尾大社の「ヤマブキ」

松尾大社 山吹まつり

醸造の神として信仰を集める松尾大社では、4月中旬から5月にかけてヤマブキの花を楽しむことができます。
黄色い花びらが目にまぶしいヤマブキは、気品たっぷりのバラ科の植物。
ヤマブキの花が満開になる頃には、境内で「山吹まつり」が行われ賑わいをみせます。
夜にはヤマブキのライトアップも行なわれているので、昼間とはひと味違う幻想的な雰囲気を満喫しましょう。

時期:4月中旬~5月上旬

酒造りの神様、松尾大社の松風苑・相生の松など見どころ

長岡天満宮の「キリシマツツジ」

長岡天満宮のツツジ

キリシマツツジはツツジの一品種で、燃えるような真っ赤な花が特徴的。
菅原道真ゆかりの神社、長岡天満宮の八条ヶ池周辺は、初夏になると数多くのキリシマツツジで真紅に染まります。
キリシマツツジは一般的なツツジに比べて樹が高いので、満開の頃にはとてもダイナミックな花風景を楽しむことができますよ。

時期:4月中旬~4月下旬

乙訓寺の「牡丹」

乙訓寺のボタン

大ぶりのコサージュを連想させるような華やかなボタンの花を楽しめる名所、乙訓寺。
聖徳太子によって建立されたと伝わる歴史ある寺院の境内には、約2,000株のボタンが咲き乱れます。
雨による花の傷みを避けるため、乙訓寺のボタンには真っ白な番傘が取り付けられています。
白い傘を差した上品なボタンの花は、歴史ある境内に清浄な華やかさを演出してくれます。

時期:4月中旬~4月下旬

最後に

つつじ

京都にはほかにもステキな花を楽しめるスポットが数多くあります。
あたたかい日差しのもとで咲く可憐な花々を愛でる観光へ、ぜひ出かけてみてください。

3

[最終更新日]2017-03-21

一乗寺・白川通 上賀茂・大徳寺・鷹峰 西山 銀閣寺周辺

掲載情報は2017年05月13日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内