お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

静かで趣深い名所を巡る!一乗寺エリアを歩いて観光してみよう

[最終更新日]2017-03-21

静かで趣深い名所を巡る!一乗寺エリアを歩いて観光してみよう

叡山電鉄の一乗寺駅周辺にはもともと、平安時代から中世にかけて「一乗寺」と呼ばれる寺院が存在していました。
しかし南北朝時代に起きた動乱によって一乗寺は廃絶され、現在ではどこに寺院があったのかも定かではないといいます。

そんな一乗寺エリアは、京都の中心部からやや離れていることもあり自然たっぷりで静寂に満ちています。
風情のある寺院や格式高い寺院も数多く存在する一乗寺エリアを、ぜひ歩いて観光してみましょう。

目次

  1. 多くの俳人に愛された寺院、金福寺へ
  2. 石川丈山の隠棲地、風光明媚な詩仙堂
  3. 宮本武蔵の伝説が残る地・八大神社
  4. 野仏庵の風情ある茶室で抹茶をいただく
  5. 趣深い尼寺、圓光寺で悠久の時間を過ごす
  6. 静寂に包まれる鷺森神社を歩こう
  7. 弁天島にあるお店、弁天茶屋で食事を楽しむ
  8. 格式高い門跡寺院、曼殊院へ
  9. 最後に

多くの俳人に愛された寺院、金福寺へ

金福寺1

平安初期に建立されたと伝わる金福寺は、聖観世音菩薩を祀る臨済宗寺院。
舟橋聖一の歴史小説『花の生涯』に登場する村山たか女が晩年を過ごした寺として知られています。
また、金福寺は松尾芭蕉や与謝蕪村といった俳人たちに深く愛された寺院でもあります。
境内の高台には「芭蕉庵」と呼ばれる趣深い茶室や、与謝蕪村や俳人たちの墓所もあるのでぜひ見ておきましょう。

深い歴史を持つ隠れ家的寺院、金福寺へ行ってみよう!


石川丈山の隠棲地、風光明媚な詩仙堂

詩仙堂

一乗寺エリアの人気スポットである詩仙堂は、武将であった石川丈山の隠棲地であったことから「丈山寺」とも呼ばれます。
丈山は「凹凸窠(おうとつか)」と呼ばれるでこぼこの土地に趣たっぷりの庭園を作り、作庭をしたり書や詩を楽しんだりしながら晩年を過ごしました。
時おりししおどしの音が響く庭園は、四季折々の違った表情を見せてくれる魅力的なたたずまいです。

時間が止まったようなひとときを過ごす!「詩仙堂」の魅力とは?


松尾・花園近郊

宮本武蔵の伝説が残る地・八大神社
八大神社

詩仙堂に隣接している神社、八大神社は一乗寺の産土神として信仰を集めてきました。
古くから八坂神社と同格の神社とされ、方除けや学業の神様として崇められています。
この地には、宮本武蔵が兵法家の吉岡一門と決闘を行うときに神頼みをしようとしたものの、神に頼ろうとする自分の弱さに気付き参拝をやめたという言い伝えが残ります。
決闘が行われた一乗寺下り松の古木も境内に残されているなど、歴史ファンからも注目されるスポットです。

野仏庵の風情ある茶室で抹茶をいただく

詩仙堂のごく近くに位置する野仏庵は、隠れた紅葉の名所です。
入り口のかや葺き屋根の門は、西園寺公望が明治維新前に潜伏していたという寓居の門をそのまま使ったもの。
西園寺公望ゆかりの茶室「陶庵席」や、上田秋成の『雨月物語』にちなむ茶室「雨月席」といった趣深い茶室があります。
雨月席では情趣あふれる庭園を眺めながらお抹茶やお菓子をいただくことができるので、ゆっくりとお茶を楽しみながら散策疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

趣深い尼寺、圓光寺で悠久の時間を過ごす

圓光寺 お地蔵さん

圓光寺は、徳川家康が国内の学問の拠点として伏見にひらいた学問所に始まる寺院です。
この地では、日本における初期の活字本である「圓光寺版」「伏見版」と呼ばれる本の印刷事業が行なわれたといいます。
明治期以降には尼僧の専門道場とされた圓光寺は、静寂に包まれた風情豊かなお寺。
四季折々に表情を変える庭園を心ゆくまで眺めてみましょう。

絶景の「紅葉」と「水琴窟」で心和ませる!京都の穴場的寺院「圓光寺」とは


静寂に包まれる鷺森神社を歩こう

鷺森神社

圓光寺から雲母坂を経て、曼殊院門跡のほうへと歩みを進め、修学院一帯の産土神として信仰を集める鷺森神社へも立ち寄ってみましょう。
古くより神の使いと考えられてきた鷺がこの神社の森に多く集まることから、いつしか鷺森神社と呼ばれるようになりました。
あざやかな新緑の季節には、境内でさんやれ祭と呼ばれる奇祭が行われ賑わいます。
また秋には大きなイチョウの葉が黄色に染まり、夢のような風景を演出してくれます。

弁天島にあるお店、弁天茶屋で食事を楽しむ

弁天茶屋

曼殊院門跡の入り口にある弁天茶屋は、京都ならではの生湯葉料理や、手打ちそば、自家製スイーツなどがいただけるお店。
最近リニューアルされた店内は、窓から光が差し込むとても落ち着いた空間です。
鯉が優雅に泳ぐ池や趣のある庭園を眺めながらゆったりと食事を楽しむことができるランチスポットです。

食べログ

格式高い門跡寺院、曼殊院へ

秋の曼殊院門跡

比叡山のふもとにある曼殊院は、最澄の時代に比叡山に建てられたお堂に始まると伝わる格式高い門跡寺院です。
曼殊院は、国宝の黄不動をはじめとする多くの美術品を有していることでも知られます。
境内にある茶室八窓席は、光を取り入れる窓がたくさんあるのが特徴的な貴族好みの茶室。
また江戸初期の作という庭園には樹齢400年の五葉松や曼殊院型石灯籠、梟の手水鉢などがあり風情たっぷりです。

文化人好みの趣深い庭園を観賞しよう!曼殊院門跡の楽しみ方


最後に

比叡山のすそ野に位置する一乗寺エリアには、魅力的なスポットが数多く存在します。
人気のスポットや知る人ぞ知る穴場スポットなど、ステキな社寺をじっくりと巡ってみてください。

6

[最終更新日]2017-03-21

一乗寺・白川通 観光名所

掲載情報は2017年05月16日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内