お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

京都御所を見学するなら一般公開の時?事前予約?どっちがいいか!

[最終更新日]2016-08-29

京都御所を見学するなら一般公開の時?事前予約?どっちがいいか!

広大な面積を持っている京都御苑の中にある京都御所は、「春と秋の一般公開の時」「事前に予約しておく」どちらかで、無料で見学する事が出来ます。
それぞれのメリット・デメリット。
一般公開の時参観は、期間中なら自由の為、事前予約の際の流れなど中心にまとめておきます。

2016年8月追記 —–
2016年7月26日より通年公開に変更されました

宮内庁

目次

  1. それぞれのメリット・デメリット
  2. 事前予約の方法
  3. 事前予約の当日の流れ
  4. 京都御所の参観ポイント
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

それぞれのメリット・デメリット

京都御所は京都駅から地下鉄で一本、今出川駅から徒歩5分くらいの場所にあります。
一般公開の時・事前予約、それぞれ個人的に思うメリット・デメリットを書いておくので参考にして下さい。

一般公開

メリット デメリット
  • 期間中ならいつでもいく事が出来る
  • 「建礼門」が開放されている為、紫宸殿の前までいける
  • タイミングがあえば桜や紅葉が綺麗
  • 自由に行動出来る
  • 特別の展示物がある
  • 天気の良い日を選べる
  • 混雑している為写真はゆっくり撮れない(誰かが映り込む)
  • ガイドはない
  • 予期せぬ渋滞がある(特に入口など)

※入口で手荷物チェックがあります

事前予約

メリット デメリット
  • ガイドがついてる
  • 人数が限られてる為混雑してる感はない
  • 写真も人が写ってないのが撮れる
  • 渋滞する事なくスムーズ
  • 事前に予約する手間がかかる
  • 紫宸殿は遠くから眺める
  • みんなと一緒に行動する
  • 事前予約の為天気は運任せ

手間なく気軽に行きたい場合は、一般公開の時。
手間がかかってもゆっくりと見たい・ちゃんとした説明も聞きたいなら事前予約。
という感じだと思いますので、お好みのあった方で参観されるのが良いと思います。

事前予約の方法

ハガキとオンライン申込の二つがあります。

ハガキは手間が更に増えるのですが、オンラインの申込より枠が多い為、抽選になった場合通りやすいとの事です。
※ガイドさんが言ってました

オンライン申込

  1. 参観申込をクリックし京都御所を選択
  2. コース選択 標準(約60分)コースと英語案内(約60分)コースがあります
  3. 参観月選択
  4. 参観日選択
  5. 代表者・同行者の情報を入力
  6. 同行者を入れた際は、同行者名簿の送付が必要になります。
    詳しくはこちら
  7. 定員枠なら早々に、「参観申込みに関するお知らせ」とメールがきて、そこから「参観通知確認」が表示出来るようになります。
  8. 当日こちらをプリントアウトしたモノを持って受付となります。
    ※印刷できない方は受付の際,係員に許可番号をお知らせください。
  9. 当日受付の際に身分証明が必要となります。

事前予約の当日の流れ

受付

参観時間20分前から受付が開始されます。
きちんとした待合室もあるので、時間ギリギリでなく少し早めに行った方が良いと思います。
※受付の際に身分証明が必要となります

参観時間まで

京都御所待合室

きちんとした待合室があります。
参観10分前くらいから、参観の流れや注意事項などについての説明のビデオが流れます。

参観時間になればガイドの方からご説明などがあり、参観開始となります。
※60分くらいあり、途中お手洗いに行けない為この間に済ませてる方が良と思います

先頭にガイドさん、一番後方に警備の方がついてきての参観となります。

京都御所の参観ポイント

京都御所の参観ポイント

  • 御車寄(みくるまよせ)
  • 諸大夫の間(しょだいぶのま)
  • 新御車寄(しんみくるまよせ)
  • 回廊(かいろう)
  • 南庭
  • 紫宸殿(ししんでん)
  • 春興殿(しゅんこうでん、しゅんきょうでん)
  • 小御所(こごしょ)
  • 御学問所(おがくもんじょ)
  • 蹴鞠の庭
  • 御常御殿(おつねごてん)
  • 御内庭(ごないてい)
  • 御三間(おみま)
  • 迎春(こうしゅん)
  • 御涼所(おすずみしょ)
  • 聴雪(ちょうせつ)
  • 御花御殿(おはなごてん)
  • 皇后御常御殿
  • 若宮御殿
  • 姫宮御殿
  • 飛香舎(ひぎょうしゃ)
  • 参内殿

ガイドさんの案内と共に全員で一緒に参観します。

御車寄(みくるまよせ)

御車寄(みくるまよせ)

諸大夫の間(しょだいぶのま)

諸大夫の間(しょだいぶのま)

新御車寄(しんみくるまよせ)

新御車寄(しんみくるまよせ)

紫宸殿(ししんでん)

紫宸殿(ししんでん)

御池庭

御池庭

最後尾を歩いてるとこんな感じですね。


最後に

所要時間は事前予約の際はガイドさんがいる為、きっちりと60分です。
一般公開時は混み具合などによって変わってしまいますが、平均すれば同じくらいの時間になると思います。

一般公開・事前予約、どっちが良いかはそれぞれのメリット・デメリットみて個々で決めて頂ければと思います。
個人的には写真も撮りたいので、事前予約の方が好きです。

最後に、平成28年春の一般公開は、4月6日(水)~4月10日(日)までの5日間
午前9時(開門)から午後3時30分(閉門)までとなってますので、ご興味がある方は是非行ってみて下さい。

14

[最終更新日]2016-08-29

京都御所周辺 観光ルート 観光名所

掲載情報は2016年02月23日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内