お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

46の塔頭がある「妙心寺」は一般・特別・限定公開と時期によって拝観出来る箇所も多い事も魅力!

[最終更新日]2017-01-12

46の塔頭がある「妙心寺」は一般・特別・限定公開と時期によって拝観出来る箇所も多い事も魅力!

日本最大の禅寺妙心寺は、日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち、約3,500の寺を妙心寺派で占めています。
場所も京都駅からJR山陰本線で一本とアクセスも楽で、世界遺産の仁和寺・龍安寺も北門からだと徒歩10分少しでいける事もいいですね。

妙心寺は紅葉の時期や春の桜の花見でも有名ですが、46の塔頭がある事から、拝観出来る箇所が多い事も魅力です。
2016年【第50回】京の冬の旅では、「天球院」「霊雲院」「養源院」と三ヶ所も特別拝観されています。

京都市右京区花園妙心寺町1

目次

  1. 妙心寺山内図
  2. 通年公開(年中一般公開)
  3. 特別公開(期間限定・人数制限など)
  4. 限定公開(拝観条件あり)
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

妙心寺山内図

妙心寺山内図

けっこう広い敷地です。
46の塔頭があると言っても拝観出来る箇所は限られており、年中一般公開は3箇所のみとなります。
ただ、特別公開・限定公開も期間限定で行っておりますので、その時に合わせて拝観するのが良いと思います。

通年公開(年中一般公開)

妙心寺南門・仏殿で御参りは中に入れませんが、いつでも見る事が出来ます。

退蔵院

退蔵院

こちらは垂れ桜が有名ですね。

拝観料がいる箇所

  • 法堂ならびに浴室(20分ごとに説明あり 拝観料500円)
  • 退蔵院(拝観料500円)
  • 大心院(拝観料300円)
  • 桂春院(拝観料400円)

特別公開(期間限定・人数制限など)

玉鳳院

妙心寺 玉鳳院

京都最大の禅寺・妙心寺発祥の地で、開山堂「微笑庵」は山内最古の建物で、室町時代の見事な唐様建築です。

霊雲院

妙心寺「霊雲院」

「御幸の間」が残る四派本庵の1つです。
書院前庭は、枯滝と蓬莱山水を兼ねた石組みを配した枯山水庭園となっています。

天球院

妙心寺 天球院

狩野山楽・山雪の金碧障壁画の「竹虎図」「梅に遊禽図」「籬草花図」などを観ることができます。

大法院

大法院 妙心寺

松代藩の真田家一門や兵法学者佐久間象山の御墓がある大法院。
春の新緑と秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。

東林院

東林院

毎年秋に行われる夜間特別拝観「梵燈のあかりに親しむ会」で、ろうそくの灯りが照らす庭園で神秘的空間が楽しめます。

限定公開(拝観条件あり)

慧照院

愚堂国師七刹の一つとされた。「五色散椿の寺」とも呼ばれています。
五色散椿が開花するのに合わせて、特別公開され、散り終えた時点で特別公開が終了します。

大雄院

予約して都合が合えば拝観が可能です。
客殿(本堂)・池泉回遊式庭園・客殿の庭園と拝観する事が出来ます。

最後に

この様にさまざまな院を拝観する事も出来る「妙心寺」ですが、春には紅しだれ桜、秋には紅葉やライトアップ、と年中楽しむ事が出来る事が魅力だと思います。

何箇所回ろうと思えば半日・1日と時間もかかるので、お好みに合わせる事が出来る事も良いですね。
個人的には半日使い、残りは世界遺産の仁和寺龍安寺と回るのをオススメします。

日本最大の禅寺・妙心寺の本堂や塔頭寺院の見どころとは?


10

[最終更新日]2017-01-12

寺院・神社 金閣寺周辺

掲載情報は2016年02月03日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内