お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

不思議な「おかめ伝説」が残る寺院・千本釈迦堂へ行ってみよう!

不思議な「おかめ伝説」が残る寺院・千本釈迦堂へ行ってみよう!

上七軒の近くに位置する千本釈迦堂大報恩寺は、京都市街地で最古の木造建築が残るスポットです。
国宝の本堂は幾多の戦乱や大火災でも奇跡的に焼けることがなく、800年もの歴史を超えてそのままの形で残っています。

そんな千本釈迦堂には、当時寺院の建立を手がけた大工の棟梁とおかめの不思議な伝説が残っています。
春にはおかめ塚の前に眼を見張るような巨大なしだれ桜が咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。

目次

  1. 千本釈迦堂ってどんなスポット?
  2. 寂光院の歴史とは?
  3. 『平家物語』ゆかりの寺院
  4. 紅葉の季節に訪れたい!
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

千本釈迦堂ってどんなスポット?

北野天満宮から徒歩圏内、上七軒の裏手にある寺院、千本釈迦堂大報恩寺。
町なかの隠れスポット千本釈迦堂には実は「京都の市街地で最古の木造建築」があるのです。

京都市街地最古の本堂がある!

千本釈迦堂 本堂

千本釈迦堂には、今から約800年前である鎌倉時代初期に建てられた本堂が残っています。
この本堂は実は、京都市街地では最古の木造建築。
京都では、長い歴史の中で何度も大火災や応仁の乱をはじめとする争いが起きてきたため、現在でも鎌倉初期の建物が残っているのは奇跡に近いことなのです。

千本釈迦堂の「おかめ伝説」とは

千本釈迦堂 おかめ像

鎌倉時代、千本釈迦堂の建築中に大工の棟梁が大切な柱の寸法を誤って短くしてしまいました。
この窮地は、棟梁の妻であるおかめの助言によって脱することができました。

しかし、おかめは「女性の知恵で建築したと知られては夫の恥になる」と自害してしまいます。
そんな優しいおかめの伝説で知られる千本釈迦堂には、夫婦和合を願って参拝する人も多いのです。

春に咲き誇る「おかめ桜」がオススメ!

千本釈迦堂 おかめ桜

境内に建てられた「おかめ塚」の前には、「おかめ桜」と呼ばれる見事な枝垂れ桜があります。
地面にまで届くほど垂れ下がった大きなしだれ桜は、一度は見ておきたい見事なもの。
桜が満開になる季節には境内には美しいツバキも咲き誇り、穏やかな春らしい風景を演出してくれます。

最後に

所要時間はおおよそ30分程度だと思います。
不思議なおかめ伝説が残る千本釈迦堂には、春には素晴らしい桜が咲き誇ります。

桜の季節は800年の時を経た最古の本堂と、淡い色の大きなしだれ桜を楽しめます。
北野天満宮を訪れた際に行ってみてはいかがでしょうか。

2

北野・西陣 寺院・神社

掲載情報は2016年10月26日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内