お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

毎月25日に開催される北野天満宮の縁日「天神さん」の楽しみ方

[最終更新日]2016-12-26

「天神さん」と呼ばれ親しまれる北野天満宮では、毎月25日に天神さんの市が開催され多くの人が訪れます。
その中でも12月の市は「終い天神」、1月の市は「初天神」、そして2月の市は「梅花祭」と呼ばれ、ひときわ賑わいをみせます。

天神さんの市では掘り出し物を見つけたり、食べ歩きをしたりとさまざまな楽しみ方ができるのが魅力。
境内に咲く花を眺め季節の移ろいを感じながら、賑やかな縁日を満喫してみましょう。

目次

  1. 北野天満宮の「天神さん」とは?
  2. 掘り出し物を探してみよう!
  3. 冬だけの特別な「天神さん」って?
  4. 最後に
  5. アクセス方法など

北野天満宮の「天神さん」とは?

国宝 社殿

菅原道真を祀り、学業成就のご利益で名高い北野天満宮では、毎月25日に「天神さん」と呼ばれる歴史の深い縁日が開催されています。
これは、菅原道真の誕生日である6月25日と、命日である2月25日にちなんだ催し。
境内には朝早くから夜までさまざまな露店が立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。

掘り出し物を探してみよう!

北野天満宮 参道

天神さんでは食べ物の屋台のほか、骨董品や着物、植木などを売る露店も立ち並びます。
なかには京都ならではのわらび餅やお漬物、佃煮を売る露店もあり、比較的良心的な価格設定についつい買いすぎてしまうという人も。
掘り出し物やアンティークの着物など、ステキな品物を手に入れたいのならば午前のうちに行ってみるのがオススメです。

冬だけの特別な「天神さん」って?

毎月行なわれる「天神さん」の中でも、1月の縁日は「初天神」、12月の縁日は「終い天神」と呼ばれひときわ盛り上がります。
この時期には北野天満宮へ受験合格を願いに訪れる人も多く、境内は大変混み合います。

また、2月の祥月命日にあたる縁日は、境内にたくさんある梅の木に花が咲き誇ることから「梅花祭」と呼ばれています。
生前の道真は、大宰府に下るときに梅の木が道真を追って太宰府まで飛んでいったという「飛梅伝説」も残るほど梅の花を愛していたといいます。
梅花祭では、北野天満宮で豊臣秀吉が催したという北野大茶会にちなんで、上七軒の美しい芸舞妓による野点の席も設けられます。

最後に

ライトアップ

ご縁日は日没~21時までライトアップされ境内も参拝自由な為、夜の北野天満宮を楽しむ事が出来ます。
買い物や食べ歩きをしながら季節の移ろいを感じられる、魅力的な天神さんの縁日をぜひ楽しんでみてください。

季節によって、梅、新緑、紅葉が特に人気があり、この時期の北野天満宮はまた違った表情を表しますので、良かったら行ってみてはいかがでしょうか。

学問の神様「北野天満宮」は梅苑・紅葉も有名!見どころまとめ


1

[最終更新日]2016-12-26

北野・西陣 寺院・神社

掲載情報は2016年12月31日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内