お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

日本最大の禅寺・妙心寺の本堂や塔頭寺院の見どころとは?

日本最大の禅寺・妙心寺の本堂や塔頭寺院の見どころとは?

日本最大の禅寺である妙心寺の広い境内をじっくりと散策してみれば、きっとステキな発見があるはずです。
妙心寺の法堂では、狩野探幽の筆による豪快な雲龍図や日本最古の梵鐘と伝わる黄鐘調の鐘をぜひ見ておきましょう。

妙心寺境内の魅力的な塔頭寺院にもぜひ足を伸ばしてみたいもの。
有名な退蔵院のほか、初夏に沙羅双樹の花を観賞することができる東林院や、宿坊体験ができる大心院など、お気に入りの塔頭をぜひ見つけてみてください。

京都市右京区花園妙心寺町1

目次

  1. 日本最大の禅寺・妙心寺の見どころ
  2. 妙心寺の広い境内は散策に最適
  3. 妙心寺塔頭で季節の花を楽しむ!
  4. 大心院で宿坊を体験してみよう!
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

日本最大の禅寺・妙心寺の見どころ

妙心寺は、右京区花園駅のほど近くにある臨済宗の大寺院。
日本最大の禅寺とされ、なんと日本の臨済宗寺院6000寺のうち、3500寺が妙心寺派の寺院で占められているのです。
そんな妙心寺の法堂天井には狩野探幽の筆による日本最大級の雲龍図が描かれているので、ぜひ見ておきましょう。

妙心寺 鐘楼

法堂には日本最古の梵鐘と伝わる国宝の「黄鐘調の鐘」も安置されています。

最後に浴室を拝観する事になり、法堂と共に20分ごとにガイト付きの案内となります。

妙心寺の広い境内は散策に最適

妙心寺の敷地はとても広大で、山内には46もの塔頭(子院)寺院が建ち並びます。
広い境内は、あちこちと散策しているうちに迷ってしまうことも。
東映の撮影所が近いこともあり、時には時代劇の撮影が行われていることもありますよ。

妙心寺塔頭で季節の花を楽しむ!

沙羅双樹の庭園 東林院

妙心寺塔頭のひとつ、東林院は初夏に沙羅双樹の花が咲くことで知られています。
毎年6月には「沙羅の花を愛でる会」という催しが開かれているので、ぜひお料理やお抹茶をいただきながら風雅な庭園を眺めましょう。
また、同じく塔頭である慈雲院の入り口には5月末になるとサツキの花がこぼれんばかりに開花し、目を楽しませてくれます。

大心院で宿坊を体験してみよう!

妙心寺塔頭の大心院は、拝観だけでなく宿坊としてお寺に宿泊することも可能な寺院。
寺院内の一室で静かに眠ることができる宿坊体験は、意外とリーズナブルに宿泊ができるのが嬉しいポイント。
早朝には精進料理をいただいたり、勤行に参加したりといった貴重な体験もすることができます。

参考価格:一泊朝食付き5,000円(税込)※1名 IN15時(夕食希望の場合は~18時) OUT10時 門限21時(消灯22時)※朝の勤行は自由参加

最後に

妙心寺には他にも興味深い塔頭や見どころがたくさんあります。
広い境内をじっくりと歩き回ってみれば、きっとさまざまな発見があることでしょう。

46の塔頭がある「妙心寺」は一般・特別・限定公開と時期によって拝観出来る箇所も多い事も魅力!


3

寺院・神社 金閣寺周辺

掲載情報は2016年10月28日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内