お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

桜の隠れ名所!在原業平の切ない恋の伝説が残る十輪寺(なりひら寺)

桜の隠れ名所!在原業平の切ない恋の伝説が残る十輪寺(なりひら寺)

大原野にある十輪寺は、平安時代に染殿皇后の安産祈願寺として建立された歴史ある寺院。
のちに在原業平がこの地に隠棲し、業平がかつて想いを寄せていた二条后が大原野神社を参詣した時には塩竃で塩を焼いて思いを伝えたという伝説が残っています。

十輪寺には大ぶりの「なりひら桜」のほか、不思議な形の本堂や、趣深い「三方普感(さんぽうふかん)の庭」など、さまざまな見どころがあります。

目次

  1. 安産のご利益で有名な寺院
  2. 不思議な形の本堂に注目!
  3. 六歌仙のひとり、在原業平の隠棲地
  4. 春には見事な「なりひら桜」が咲き誇る
  5. 最後に

安産のご利益で有名な寺院

十輪寺の紅葉

大原野にある十輪寺は、850年に文徳天皇の皇后である藤原明子(染殿皇后)の安産を願って創建されたと伝わる寺院です。
のちに清和天皇が無事に生まれたことから安産のご利益で知られていて、本尊の延命地蔵菩薩も「腹帯地蔵尊」として信仰を集めます。

不思議な形の本堂に注目!

十輪寺2

十輪寺の本堂は、鳳輦型(ほうれんがた)と呼ばれる、まるでおみこしのような形をした独特の建築様式。
十輪寺には本尊のほかに、花山天皇が西国観音霊場を巡拝する時に背負っていたという自作の禅衣観音も安置されています。

六歌仙のひとり、在原業平の隠棲地

十輪寺の塩釜

十輪寺は、在原業平が隠棲をしたことから「なりひら寺」とも呼ばれています。
在原業平は『伊勢物語』の主人公としても知られる平安時代の歌人で、小野小町などと並んで六歌仙にも数えられています。

業平のかつての恋人であった二条后(藤原高子)が大原野神社に参詣したとき、業平は十輪寺の塩竃で塩を焼いて煙にその思いを託したという伝説が残ります。
十輪寺境内にはこの塩竃の跡のほか、業平の墓塔と伝わる宝篋印塔など業平ゆかりの旧跡が数多く残されています。

春には見事な「なりひら桜」が咲き誇る

十輪寺 春しだれ

十輪寺には、廊下や茶室に囲まれた「三方普感(さんぽうふかん)の庭」と呼ばれる小さな庭園があります。
この庭園には春になると、樹齢150年以上という「なりひら桜」が咲き誇ります。
小さな庭園をまるで天蓋のように覆って大きく枝を広げる満開の桜は、あまりにも見事な光景です。

最後に

十輪寺 境内

十輪寺は20~30分あれば充分に見て回ることができるスポット。
安産祈願や恋愛成就を願ってぜひとも訪れたいステキな寺院です。

1

寺院・神社 西山

掲載情報は2017年03月23日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内