お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

苦しみ・痛みを抜き取ってくれる「釘抜地蔵」を祀る石像寺

苦しみ・痛みを抜き取ってくれる「釘抜地蔵」を祀る石像寺

石像寺には、日々の苦しみや痛みを抜き取ってくれると言われている「釘抜地蔵」が安置されており、地元の人はもちろん多くの人が祈願に訪れる場所となっています。

石像寺の歴史は古く、弘法大師・空海によって創建されたと言われています。
古くから庶民の拠り所となってきた石像寺に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

目次

  1. 石像寺について
  2. 貼り付けた絵馬
  3. 釘抜地蔵
  4. 最後に
  5. アクセス方法など

石像寺について

石像寺について

石像寺は、空海により819年に建立されたお寺です。
空海が遣唐使として唐に渡った際に持ち帰った石に地蔵菩薩を彫り、人々の諸々の苦しみを救うことを祈願してこの地蔵菩薩を祀ったことがきっかけだとされています。

石像寺のお地蔵様は「釘抜地蔵」と呼ばれていますが、これはこの地蔵が諸々の苦しみを抜き取る「苦抜(くぬき)地蔵」と呼ばれたものがなまり、「釘抜地蔵」と呼ばれるようになったと言われています。

貼り付けた絵馬

石像寺 絵馬

石像寺の見どころは、まず境内に並べられた1000枚にもおよぶ絵馬が挙げられます。
これらの絵馬は、様々な痛みや苦しみを抱えた人々が石像寺を訪れ、治癒を祈願し、治癒したのちに奉納したものです。

石像寺では、釘抜地蔵にちなんで、痛みや苦しみから解かれた人は、日本の八寸釘と釘抜きを貼り付けた絵馬を奉納することが習慣となっています。

釘抜地蔵

本堂には、釘抜地蔵が安置されている他、国の重要文化財に指定されている石像弥陀三尊像も納められています。

石像弥陀三尊像は、一つの石から掘り出された日本最古の石像であると言われています。
これ以外にも、石像寺を建立した空海によって掘られた井戸などを見ることができます。

最後に

いつの時代も、日々の暮らしの中で苦しみや痛みはつきものですよね。

一人で立ち向かうことにちょっと疲れた時、誰かに話を聞いてもらいたい時など、石像寺がわたしたちに寄り添ってくれるかもしれません。
ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

1

北野・西陣 寺院・神社

掲載情報は2017年01月05日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内