お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

真の極楽風景が広がる寺院!真正極楽寺と称する真如堂の魅力

真の極楽風景が広がる寺院!真正極楽寺と称する真如堂の魅力

正式名称を「真正極楽寺」と称する真如堂は、静かで落ち着いた雰囲気が魅力の寺院。
桜の名所や紅葉の名所として名高く、多くの人が訪れます。

特に、山門の先にある三重塔の優雅な姿に圧倒されてしまうという観光客は多いもの。
さらに「うなずきの阿弥陀」と呼ばれる本尊の阿弥陀如来や、涅槃の庭・随縁の庭と呼ばれる2つの庭も必見です。

目次

  1. 隠れた名所・真如堂の魅力とは?
  2. 真如堂の歴史と「うなずきの阿弥陀」
  3. 真如堂で見ておくべきスポットは?
  4. 真如堂の裏道を散歩してみよう
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

隠れた名所・真如堂の魅力とは?

正式名称を真正極楽寺と称する真如堂。

京都の隠れた桜名所・紅葉名所として名高いスポットです。
2002年に「そうだ 京都、いこう」の広告にも使われ、多くの人がその絶景を一目見ようと訪れます。

真如堂の歴史と「うなずきの阿弥陀」

古くは比叡山の常行堂から移されたという寺院で、応仁の乱では東陣が置かれ焼失、そののちに幾度かの移転を経てこの地に建てられました。
本尊の阿弥陀如来は、慈覚大師円仁が「衆生を救ってください」と願ったところ、うなずいたという伝説から「うなずきの阿弥陀」と呼ばれています。

真如堂で見ておくべきスポットは?

朱塗りの山門をくぐると、右手に法華塔とも呼ばれる美しい三重塔が見えてきます。
厳かな雰囲気の三重塔は春には桜、秋には紅葉に包まれて人々の目を楽しませてくれます。

また、豪華絢爛な本堂の先にある真如堂の庭園もぜひ見ておきたい風景のひとつ。
あの大文字山をはじめとする東山三十六峰を借景とした「涅槃の庭」と、モダンな雰囲気の枯山水庭園「随縁の庭」を堪能しましょう。

真如堂の裏道を散歩してみよう

真如堂の裏手には木々に囲まれた気持ちのいい散歩道が続きますので、どんどん進んでみましょう。
真如堂の諸堂や幕末の会津藩殉職者墓地などを経由したその先には「くろ谷さん」と呼ばれ、地域住民に親しまれる金戒光明寺があります。

最後に

shin-nyo-do3005

真如堂だけをじっくり見学するのなら所要時間は1時間程度、金戒光明寺まで足を伸ばすのならば3~4時間程度みておくと良いでしょう。
真正極楽寺と称する真如堂の、静かで落ち着いた荘厳な雰囲気は、まさに「正真正銘の極楽」と呼ぶにふさわしいですね。

3

寺院・神社 銀閣寺周辺

掲載情報は2016年11月08日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内