お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

スポーツの上達を願う方におすすめの「白峯神宮」見どころ

[最終更新日]2017-03-31

バス停からすぐの場所にあるアクセスの良さでスポーツの神様として有名な「白峯神宮」。
大会前には必勝祈願・上達・けが防止を願い、修学旅行生やスポーツ選手をはじめたくさんの方がお参りに来られます。

有名選手の力を分けてもらえそうなパワースポット「白峯神宮」の魅力をたっぷりお伝えします。

目次

  1. 白峯神宮の歴史について
  2. 蹴鞠の碑で球運を授かろう
  3. 奉納物に驚き!
  4. 清少納言も歌った名水「飛鳥井」
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

白峯神宮の歴史について

白峰神宮

鞠と和歌の宗家である飛鳥井家は蹴鞠の師範で、屋敷には鞠の守護神である「精大明神」を祀っていたそうです。
ここを訪れた藤原成道が蹴鞠の名手になったことから有名になり、スポーツの上達を願う人が参拝するようになり、その後「蹴鞠道家元」としての地位を徳川家康から認められています。

明治維新に伴い、邸宅は東京に移転し、1868年(明治元年)明治天皇が屋敷跡に「白峯神宮」を創建され、神宮内に「精大明神」を祀ったため、それが今なおスポーツの神様と呼ばれる由縁です。

蹴鞠の碑で球運を授かろう

鞠の神様、精大明神を祭る摂社の地主社の横に「蹴鞠の碑」があります。
鞠の守護神「精大明神」を二拝二拍手一拝の作法でお参りした後に、しっかりと想いを込めて「撫で鞠」を一周回すと運を授かると言われているので、願いを込めてしっかり回してみてください。

奉納物に驚き!

ワールドカップ・オリンピック選手も訪れるため色紙やサインボールや、キャプテン翼の作者から奉納されたサッカーボールもあります。

ラグビー、バレーボール、野球などいろいろな球技の奉納物が置かれており、実際に触れることもできます。

清少納言も歌った名水「飛鳥井」

昔、飛鳥井家の屋敷内には、「飛鳥井」と呼ばれる名水が湧き出ており京都の九つの名水の一つとして、清少納言の歌にも出ていました。
ここから50mほど離れた場所にある「白峯神宮」の手水舎の水は、35メートルまで掘り下げた水脈からくみ上げられており、水を汲みに訪れる人も多い人気の名水でまろやかな味が特徴です。
同じ境内 龍大明神の前にある名水「潜龍井」は水脈の深さが違うのでまた違った味わいが楽しめます。

最後に

白峯神宮を参拝した後は周辺の歴史やおいしいお店をぶらり散策するのもおすすめです。
吟味された材料で作られた品のある和菓子で有名な老舗名店「鶴屋吉信」 京都本店。
ここでしか味わえない限定品がおすすめです。

また京都の伝統工芸「西陣織」の魅力を伝える西陣織会館も近くにあります。
着物に触れる機会が少ないかもしれませんが、京都の伝統ある西陣の技術を見学し、着物を身近に感じてみてください。

2

[最終更新日]2017-03-31

京都御所周辺 寺院・神社

掲載情報は2017年04月02日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内