お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

迫力たっぷりの「鳴き龍」で知られる大寺院「相国寺」へ行こう

迫力たっぷりの「鳴き龍」で知られる大寺院「相国寺」へ行こう

京都の禅寺で五山の二位という格式を誇る大寺院、相国寺。あの金閣寺や銀閣寺も、相国寺の山外塔頭です。

相国寺にはかつて109メートルという高さの七重塔が存在していましたが、残念ながら落雷で焼失してしまったといいます。
春と秋に公開される方丈や開山堂、法堂では美しい庭園や狩野光信筆の迫力ある蟠龍図を観ることができます。

特に、手を叩くと音が大きく響く「鳴き龍」と呼ばれる天井画はぜひ見ておきましょう。

目次

  1. 格式の高い寺院、相国寺
  2. かつては七重の大塔があった!
  3. 迫力ある「鳴き龍」を鑑賞しよう
  4. 境内の「承天閣美術館」も必見
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

格式の高い寺院、相国寺

相国寺 開山堂庭園

京都御所の北側にあり、市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約5分の場所にある相国寺は、禅宗寺院の格付けで五山の二位に数えられるほどの格式の高い寺院です。

有名な金閣寺・銀閣寺も、実はなんと相国寺の山外塔頭にあたります。
そんな格の高い大寺院、相国寺はぜひとも時間をかけてじっくり見学したいスポットですね。

かつては七重の大塔があった!

足利義満によって建てられた相国寺は、たびたび火災や落雷の被害を受けています。
往時には109メートルという高さの七重の大塔が建てられていましたが、こちらも残念ながら落雷で焼失してしまいました。
現在の京都に存在するのは三重塔や五重塔で、東寺の五重塔でも高さは55メートルですから、大きな七重塔の存在感はかなりのものだったと想像できます。

迫力ある「鳴き龍」を鑑賞しよう

相国寺 「鳴き龍」

法堂の天井には、狩野派の絵師である狩野光信が描いた大きな蟠龍図があります。
龍の絵は「八方睨み」といわれ、法堂のどこにいても龍がこちらを睨んでいるような迫力を感じます。
龍の真下に立って手をパンと叩くと音が共鳴して鳴き声のように大きく響くことから、この天井画は「鳴き龍」とも呼ばれます。

境内の「承天閣美術館」も必見

承天閣美術館

相国寺境内にある承天閣美術館には、多数の文化財が収蔵・展示されています。
伊藤若冲ゆかりの作品や、茶道に関する展示のほか、相国寺ゆかりの宝物をたっぷりと見学することができます。

最後に

格式の高い寺院、相国寺

所要時間は60分程度ですが、特別拝観や承天閣美術館見るとなるとそれ以上かかってきます。

相国寺の方丈や法堂は、春や秋の限られた期間にのみ公開されています。
壮大な庭園や迫力ある鳴き龍を観ることができる限定公開の期間に訪れるのがオススメです。

5

京都御所周辺 寺院・神社

掲載情報は2016年09月28日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内