お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

東山で『平家物語』と平清盛の足跡をたどる歴史探訪コース

東山で『平家物語』と平清盛の足跡をたどる歴史探訪コース

東山エリアには、『平家物語』ゆかりのスポットが数多く存在しています。
有名な三十三間堂六波羅蜜寺八坂神社も実は平清盛や後白河上皇に関連する社寺なのです。

三十三間堂の東に位置する法住寺は、かつて広大な寺域を誇ったという後白河上皇の院政御所でした。
さらに法住寺の南に位置する新熊野神社は、後白河上皇の命によって平清盛が建立したという神社です。
境内に後白河上皇お手植えの大クスノキがそびえるさまは圧巻です。

目次

  1. 『平家物語』ゆかりの地を歩く
  2. 後白河上皇の院政御所、法住寺殿
  3. 後白河上皇の命で建立された新熊野神社
  4. 最後に

『平家物語』ゆかりの地を歩く

東山周辺には、平清盛や後白河上皇に関係する遺構が多く残されています。
そんな東山の地で、『平家物語』ゆかりのスポットを訪ね歩いてみましょう。

三十三間堂

三十三間堂

1001体の仏像で知られる三十三間堂は平清盛の寄進によって建てられたもの。

等身大の1001体の観音像は圧巻!「三十三間堂」の見どころ!

後白河上皇の院政御所、法住寺殿

法住寺は、後白河法皇が院政期に自身の死後を守る墓所として造営したという宮廷。
平安時代には東山山麓から鴨川まで、六条通から八条通にまで及ぶ広大な寺域を誇ったといいます。
寺宝の不動明王は円仁の作と伝わり、木曽義仲の焼き討ちに遭った際には後白河上皇の身代りになったという伝説が残ります。

法住寺

法住寺

法住寺は、江戸時代末期に赤穂浪士の一人である大石内蔵助が参拝したといわれます。
吉良邸討ち入りの12月14日には、法住寺で義士会法要が執り行われ、討ち入りそばの接待などで賑わいます。

時間 9:00~16:30
住所 東山区三十三間堂廻り町655

後白河上皇の命で建立された新熊野神社

新熊野神社

法住寺から南へ、在来線と新幹線の線路を越えた先にある新熊野神社は、後白河上皇が平清盛に命じ、紀州熊野神社を再現する形で建立されました。
境内にそびえる見事な大クスノキは和歌山県の熊野から移植されたもので、京都市の指定天然記念物にもなっています。
大クスノキは後白河上皇のお手植えと伝わり、このご神木を植えると腹痛の病が収まったことから、お腹の神様として信仰を集めます。

時間 9:00~17:00
住所 東山区今熊野椥ノ森町42

最後に

東山周辺は、かつて後白河上皇の院政の舞台となった重要な地でした。
『平家物語』ゆかりの地をめぐる観光コースを、数時間~半日程度かけてじっくりとめぐってみてください。

2

京都駅周辺 寺院・神社 観光ルート

掲載情報は2016年11月09日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内