お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

出世・勝運のご利益が!豊臣秀吉を祀る京都にある豊国神社へ行ってみよう

出世・勝運のご利益が!豊臣秀吉を祀る京都にある豊国神社へ行ってみよう

豊臣秀吉を祀り、出世や勝運のご利益で人気を集める豊国神社。
かつては豪奢な桃山建築の雅やかな建築物だったと伝わりますが、徳川時代になると廃絶され、のちの幕末に再興されて今に至ります。

隣接する方広寺には秀吉の権威を示す大きな大仏や鐘楼も作られました。
「君臣豊楽・国家安康」と刻まれた鐘楼は、大坂冬の陣・夏の陣の引き金になったことでも知られます。
豊国神社や方広寺で、歴史を動かした宝物の数々を実際に見学してみましょう。

目次

  1. 豊国神社ってどんなスポット?
  2. 国宝の唐門は必見!
  3. 争いの発端となった鐘楼とは?
  4. 宝物館へも足を伸ばしてみよう
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

豊国神社ってどんなスポット?

京都では「ほうこくさん」とも呼ばれ親しまれている豊国神社は、太閤豊臣秀吉を祀る神社。
秀吉が東山の阿弥陀ヶ峰埋葬されたとき、そのふもとにお社を造ったことに始まります。

秀吉にあやかり、出世運や勝運のご利益があると人気を集めています。
豊国神社は、豊臣家の滅亡後に徳川家によって廃絶されましたが、幕末になって反徳川の機運が高まり、豊国神社は現在の地に再興されたのです。

国宝の唐門は必見!

豊国神社 唐門

桃山時代を代表する建築物として、国宝に指定されている豊国神社の唐門は要チェック。
伏見城の遺構を移築したとも、秀吉の時代には極彩色の彫刻に金箔が貼られていたとも伝わります。
左甚五郎によって彫刻が施されたという唐門は、滝を登る鯉や立体的な鶴の彫刻など細部まで作り込まれており、とても雅で豪奢な雰囲気です。

争いの発端となった鐘楼とは?

豊国神社方広寺 鐘

豊国神社に隣接する方広寺は、秀吉が約19mという巨大な大仏を造ったというお寺ですが、大仏は焼失してしまいました。
方広寺に残る「国家安康の鐘」は、大坂冬の陣・夏の陣の引き金になったことで知られます。
鐘楼に刻まれた「国家安康・君臣豊楽」という文言が「家」と「康」の字を切り離すことで徳川家の滅亡を暗示していると家康の逆鱗に触れたことから、争いが勃発したのです。

宝物館へも足を伸ばしてみよう

境内にある豊国神社宝物館には、秀吉ゆかりの品々が保管・展示されています。
大人300円と拝観料が必要ですが、重要文化財の豊国祭礼図屏風のほか、秀吉が実際に使っていたという高台寺蒔絵の作品や武具なども多数展示されており、絢爛豪華な桃山文化の一端を垣間見ることができます。

最後に

瓢箪の絵馬があり、縁結びと開運の2種類があります。
縁結び絵馬は、秀吉公にお願い、正室である北政所、おね(ねね)様にお願いするものがあるので、良かったらお願いしてみてはいかがでしょうか。

豊国神社と方広寺、宝物館を見学する所要時間は40分ほど。
豪華な桃山建築の数々や、歴史を動かした鐘楼をじっくりと見て回りましょう。

1

京都駅周辺 寺院・神社

掲載情報は2017年02月06日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内