神護寺

jingoji

所要時間:約40分
京都駅よりバスで約50分+徒歩約20分

正式名称 神護寺(じんごじ)

空海(弘法大師)が、東寺や高野山の経営以前に一時住した(809年から14年間)寺で、最澄も法華経の講義をしたといわれる、仏教史上、大変重要な寺院。紅葉の名所であり、国宝の鐘がありそれ以外にも仏教遺産が多く残され、数多くの国宝や文化財が残されています。

  • 住所 京都市右京区梅ヶ畑高雄町
    TEL 075-861-1769
    拝観・開館時間 9:00~16:00
    拝観料     一般 団体 障害者
    大人  600円 500円  300円
    大学生 600円 500円  300円
    高校生 600円 400円  300円
    中学生 600円 400円  300円
    小人  300円 200円  200円
    ※団体(30人以上)
  • 車椅子 一部可
    交通案内 JRバス 山城高雄下車 徒歩約20分
    市バス 高雄下車 徒歩約20分
    駐車場 民間駐車場あり(500円~)

大きな地図で確認する