お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

江戸時代の始まりと終焉を見守った歴史あるスポット「二条城」の見どころは?

江戸時代の始まりと終焉を見守った歴史あるスポット「二条城」の見どころは?

歴史の授業でも登場する二条城は、誰もが知っている有名スポット。
徳川家康の将軍宣下の頃に造営されたこの城は、奇しくも江戸時代の終わりに大政奉還が行われる地にもなりました。

二条城を訪れるのなら、国宝の二の丸御殿を中心に、絢爛豪華な建物や庭園をじっくりと見て回りましょう。
庭園には季節の花が咲き誇り、特に梅や桜の時期にはとても華やかな風景が広がります。

目次

  1. 歴史が刻まれたスポット、二条城
  2. 二条城の意外な歴史とは?
  3. 二条城を見学するときのポイント
  4. 梅・桜・ライトアップ
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

歴史が刻まれたスポット、二条城

二条城の唐門

二条城は、教科書に登場するような誰もが知る有名スポットとして人気を集めます。
江戸時代のはじまりに徳川家康の将軍宣下が執り行なわれたこの地では、奇しくも江戸時代の終焉に十五代将軍の徳川慶喜による大政奉還も行なわれました。
二条城はいわば、ひとつの長い時代の始まりと終わりの両方に立ち会ったお城なのです。

二条城の意外な歴史とは?

1603年に徳川家康によって造営され、そののちに徳川三代将軍の家光が完成させました。
しかし、家光のあとは徳川将軍の上洛は無く、江戸時代の暴風雨や大地震、雷や大火によって二条城は焼亡、破損してしまいます。

最後の将軍である慶喜による大政奉還ののち、明治期の二条城はしばらく京都府庁として活用されました。
その後一旦宮内庁の所管となり「二条離宮」と改称しますが、昭和に入ると京都市に下賜され、現在は「元離宮二条城」となっています。

二条城を見学するときのポイント

二の丸御殿

徳川家光の時代に作られたという絢爛豪華な二の丸御殿は、国宝に指定されています。
二の丸御殿というのは、遠侍、車寄せ、式台、大広間、蘇鉄(そてつ)の間、黒書院、白書院と呼ばれる6つの連なった建物の総称。
建物をつなぐ廊下は歩くとキィキィと音がする「鶯張り」の廊下です。

二の丸御殿 360°パノラマ撮影 パノウォーク

二の丸庭園

また二の丸御殿の南西側には、二の丸庭園という桃山様式の池泉回遊式庭園があり、こちらも豪奢な雰囲気です。

梅・桜・ライトアップ

二条城の梅

元離宮二条城 梅の見頃・開花情報 2017年度

二条城内全体で約130本の梅が植えられています。
例年2月下旬~3月中旬頃に見頃を迎えます。

元離宮二条城 梅の見頃・開花情報 2017年度

二条城の桜

nijojo-00261

二条城内の桜は、主に3つのエリアに分けて植栽されています。
桜の園にはサトザクラが植えられ、清流園にはヤマザクラ・ソメイヨシノを中心にヤエベニシダレもあります。
城内西側にはヤエベニシダレが多く植えられ、総本数は約400本、50品種になり、例年4月上旬~4月下旬頃に見頃を迎えます。

二条城 夜桜の見頃・ライトアップ・開花情報 2017年度

二条城のライトアップ

二条城ライトアップ

桜の時期と8月の「京の七夕」のイベント時には、夜間のライトアップやお城に映像を写し込むプロジェクションマッピングなども行なわれ賑わいます。

最後に

本丸御殿

二条城の内部は意外と広く、見学には1時間程度見ておく必要があるでしょう。
花見の時期など全てをゆっくりと見学したいなら2時間くらい考えておいても良いです。

今年(2017年)は大政奉還150年記念プロジェクトがあり、こちらの二条城でももちろんピックアップされています。
さまざまな歴史を経てきた絢爛豪華な城内を、じっくりと見学してみてください。

5

世界文化遺産 京都御所周辺 寺院・神社 観光名所

掲載情報は2017年03月01日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内