お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

440 Views

京都祇園祭、各日程とスケジュールや見どころ 2017年度

7月1日~7月31日

京都祇園祭、各日程とスケジュールや見どころ 2017年度

京都三大祭の1つで日本最大の規模を誇る祭礼、祇園祭。
平成21年にはユネスコの無形文化遺産にも登録され、7月1日(吉符入)~31日(疫神社夏越祭)まで1ヶ月間と長い期間行われています。

目次

  1. 祇園祭とは?
  2. 開催期間やスケジュール
  3. 山鉾巡行の見どころやルートは?
  4. 知っておいた方が良いこと

祇園祭とは?

祇園祭1

祇園祭は、「祇園さん」と呼ばれ親しまれる八坂神社の祭礼。
1ヶ月かけて行なわれる豪華絢爛な祇園祭は、日本三大祭のひとつ。
1979年に国の重要無形民俗文化財に、2009年にはユネスコの無形文化遺産に登録されています。

https://kyotrip.jp/course/gion-shijo/kyoto-gionmaturi/

開催期間やスケジュール

祇園祭 - 鉾立て

期間:2017年7月1日(土)~7月31日(月)

吉符入り ※見学不可

各山鉾町で収蔵庫を開き、祭りに関する打ち合わせをして1ヶ月間の無事を祈ります。

7月1日~7月5日 各山鉾町

長刀鉾町お千度(稚児社参) ※見学不可

7月1日 10時~ 八坂神社

くじ取り式※見学不可(事前申込後抽選)

山鉾町の代表が京都市役所に集まり、山鉾巡行の順番を決めるくじを引きます。
必ず先頭を行くと決まっている長刀鉾やしんがりを行く船鉾、大船鉾など、巡行順の決まっている「くじ取らず」と呼ばれる山鉾もあります。
前もって往復はがきで申し込んでおくと、くじ取り式を見学することもできます。

7月2日 京都市役所

長刀鉾稚児舞披露

※見学は保存会前の四条通北側歩道がおすすめ

7月5日 長刀鉾町

綾傘鉾稚児社参

7月7日 八坂神社

前祭 山鉾建て

各山鉾町の山鉾が収蔵庫から出され、組立てが始まります。
山鉾は釘を使わず、伝統の縄締めの技法を使って組み上げられていきます。

7月10日~7月14日 各山鉾町

お迎え提灯、神輿洗い

午後4時半から、お神輿を迎えるために提灯を持って各氏子町を歩きます。
午後8時になると、3つあるお神輿のうち中御座と呼ばれるお神輿を四条大橋まで運び、鴨川の水を振りかけて清めます。

7月10日
16時30分~20時30分
八坂神社→河原町四条→市役所→寺町通→東大路通→神幸道→八坂神社

前祭 曳き初め

完成した山鉾を試し曳きする曳き初めは、一般の人でも参加することができる人気の行事です。
前祭の山鉾で曳き初め、舁き初めをするのは、長刀鉾、函谷鉾、月鉾、菊水鉾、鶏鉾、船鉾、放下鉾、岩戸山、蟷螂山の9基です。

7月12日~7月14日 各山鉾町

長刀鉾稚児社参

長刀鉾の稚児が八坂神社へお参りし、五位の位をもらいます。
これ以降巡行まで稚児は「神の使い」とされ、女性の手を一切借りず、地面を歩かずに慎んで過ごすことになっています。

7月13日 11時~ 八坂神社

久世駒形稚児社参

7月13日 14時~ 八坂神社

前祭屏風祭

7月14日~7月16日
※一部有料
山鉾町有志の町家(中京区一帯)

前祭宵山(宵々山)

山鉾巡行の前夜祭として、各山鉾の駒形提灯を灯し、「コンチキチン」の祇園囃子が奏でられる中ちまきやお守りを求めて多くの人で賑わいます。
大きな山鉾の拝観券を買い求めれば鉾を見学することも可能ですが、長刀鉾と放下鉾は女人禁制のため男性しか見学することができません。
また、町なかの一般家庭などで秘蔵している屏風や宝物を展示する「屏風祭」も行なわれているので、こちらもぜひ楽しんでみましょう。

7月14日~7月16日 (中京区一帯)歩行者天国:15・16日の18~23時(予定)

献茶祭

7月16日 9時~ 八坂神社

前祭日和神楽

7月16日 各山鉾町~四条御旅所~各山鉾町

前祭 山鉾巡行

祇園祭のメインイベントです。前祭の23基の山鉾が四条烏丸から順番に巡行します。

7月17日 9時~ 四条烏丸~四条河原町~市役所~烏丸御池~新町御池

神幸祭 神輿渡御

山鉾巡行が終わった日の夜に、3基の御輿が巡行して四条寺町の御旅所に鎮座します。
還幸祭の24日までの毎日、御旅所まで誰とも話さずにお参りをする無言参りを成就させると、願いが叶うといわれています。

7月17日 18時~ 八坂神社~四条御旅所

後祭 山鉾建て

2014年に、49年ぶりに「前祭」と「後祭」の2度の巡行が復興しました。前祭と同じように、この期間には後祭の山鉾10基が組み立てられます。

7月18日~7月21日 後祭山鉾町

後祭宵山

前祭のような屋台はほとんどなく、鉾町を静かに散策することができます。

7月21日~7月23日 後祭鉾町(四条通の歩行者天国はありません)

煎茶献茶祭

7月23日 9時~ 八坂神社

後祭 山鉾巡行

後祭の山鉾巡行は、前祭と反対周りに巡行が行なわれます。しんがりを務める凱旋の大船鉾は2014年、150年ぶりに復興を果たしました。

7月24日 9時30分~ 烏丸御池~河原町御池~四条河原町~四条烏丸

花傘巡行

昭和期に始められた花傘巡行は、大きな花傘や馬長、児武者などが後祭山鉾巡行のうしろを練り歩く行事です。

7月24日 10時~12時頃 八坂神社~市役所前~八坂神社

還幸祭

後祭巡行の日の夕方には、四条御旅所に鎮座している3基の神輿をかついで市中を巡る還幸祭が行なわれます。

7月24日 17時頃~ 四条御旅所~八坂神社

狂言奉納

7月25日 13時~ 八坂神社

神事済奉告祭

7月29日 16時~ 八坂神社

疫神社夏越祭

八坂神社の摂社、疫神社の鳥居に大茅輪を設け、これをくぐって厄払いをします。
夏越祓をもって、祇園祭の全ての行事が終了します。

7月31日 10時~ 八坂神社

山鉾巡行の見どころやルートは?

祇園祭 宵山

17日と24日には、祇園祭のハイライトである山鉾巡行が行なわれます。
豪華絢爛な山鉾が都大路を悠然と進む様子は「動く美術館」と称されるほどの美しさです。

前祭(7月14日~7月17日)

祇園祭 宵山 大船鉾

  1. 先頭を行く長刀鉾は、神の使いである稚児を乗せ、朝9時に四条烏丸を出発します。
  2. 四条烏丸から、くじ取り式で決められた順番に山鉾が出発し、四条堺町の交差点では京都市長(奉行)による「くじ改め」の儀式が行なわれます。
  3. 長刀鉾が四条麩屋町に到着すると、神域への結界であるしめ縄を太刀で切る「注連縄切り」の儀が行なわれます。
  4. 長刀鉾をはじめとする大きな鉾や曳き山は、四条河原町に到着すると「辻回し」と呼ばれる方向転換を行ないます。
  5. 地面に青竹を敷いて水を撒き、この上に車輪を乗せて鉾を横に引くことで、重量のある鉾の向きを変えることができます。
  6. 巡行はさらに河原町通を北上し、河原町御池で再び辻回しをし、新町御池へと進み、新町通から各山鉾町へと帰還します。

後祭(7月21日~24日)

祇園祭 提灯

24日に行なわれる後祭は山鉾巡行の還幸祭にあたるため、前祭巡行とは逆方向へと進みます。
橋弁慶山、北観音山を先頭とした行列は、新町御池から御池通を進み、京都市役所前(寺町御池)でくじ改めを行ないます。
河原町御池の交差点では北観音山、南観音山、そしてしんがりを行く大船鉾が辻回しをして、河原町通を南下し、四条河原町から四条通を西へと進みます。
各山鉾町へと戻った山鉾は即座に解体され、巡行が終わりを告げます。

知っておいた方が良いこと

祇園祭の風景

前祭の歩行者天国の際が一番人が多いです。
行かれる際は電車が一番オススメというか、その他交通機関で来ない方が良いと思います…

交通規制で周辺は大渋滞が予想されますし、駐車場も空いてない可能性が高い為です。
一番やってはいけないのが、先に車で行き交通規制で閉じ込められる事です。

帰りたいのに帰れない…という事にならないようにして下さい。

後一番困る事がお手洗いですね…
コンビニなどで済ませる事も出来ますが、凄い渋滞になってる為、前もって行動するようにして下さい。

イベント案内,

掲載情報は2017年06月27日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内