お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

南禅寺金地院で、美しい枯山水庭園「鶴亀の庭」を堪能しよう!

[最終更新日]2016-12-09

南禅寺金地院で、美しい枯山水庭園「鶴亀の庭」を堪能しよう!

南禅寺を構成する塔頭寺院のひとつ、金地院。
「黒衣の宰相」と呼ばれた以心崇伝和尚によって整えられたこの寺院には多くの見どころがあります。

小堀遠州の手によって作られたという記録が残る枯山水庭園「鶴亀の庭」は趣のある造りで、時間を忘れて眺めていたくなるような見事なもの。
東照宮と呼ばれる建物には、狩野探幽の筆による天井画や、土佐光起の絵画など多くの美術品がありこちらも必見です。

目次

  1. 金地院ってどんなスポット?
  2. 小堀遠州作「鶴亀の庭」を堪能する
  3. 金地院は見どころがたくさん!
  4. 最後に
  5. アクセス方法など

金地院ってどんなスポット?

南禅寺を構成する塔頭のひとつ金地院は、知る人ぞ知る穴場スポット。
はじめは鷹峯に建てられた寺院ですが、江戸初期に「黒衣の宰相」と呼ばれた以心崇伝和尚が南禅寺近くに移築しました。
初夏にはツツジや紫陽花が咲き誇り、秋には紅葉が楽しめるなど、季節によってその姿を変える庭園をぜひ歩いてみましょう。

金地院は、禅寺寺院には珍しく6つもの門がある不思議な寺院。
表門や大門のほか、貴人専用の御成門(おなりもん)や東照宮参拝のための御透門(おすかしもん)などがあるので、それぞれの門を確認してみましょう。

小堀遠州作「鶴亀の庭」を堪能する

小堀遠州は作庭家として名高く、彼が作ったと伝わる庭園は数多く存在します。
しかし「遠州が造園した」という確実な資料が残されている庭園というのは、実はこの金地院庭園だけなのです。

金地院庭園「鶴亀の庭」は、江戸初期を代表する枯山水庭園。
奥行きのある庭園には、方丈から見て右手に鶴、左手に亀に見立てた石が配置されています。

金地院は見どころがたくさん!

金地院 東照宮

味わい深い庭園以外にも、金地院には多くの見どころがあります。
予約制の茶室「八窓席」は、庭園と同じく小堀遠州の手によるもので、京都三名席のひとつに数えられる見事なものです。

また、徳川家康を祀る東照宮は、見た目も華やかな権現造様式の建物。
拝殿の天井に描かれた狩野探幽の「鳴き龍」や、欄間に描かれた土佐光起の筆による「三十六歌仙」などの美術品はぜひ見ておきましょう。

最後に

見どころたっぷりの金地院の所要時間は、30分~1時間程度。
寺内をじっくりと散策し、庭園を眺めてのんびりと時間を過ごすなど、静かで趣深い金地院の魅力を満喫してみてください。

1

[最終更新日]2016-12-09

寺院・神社 銀閣寺周辺

掲載情報は2016年12月11日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内