お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

「あじさい寺」と呼ばれる程あじさいで有名な「三室戸寺」について

[最終更新日]2017-01-12

「あじさい寺」と呼ばれ程あじさいで有名な「三室戸寺」について

三室戸寺といえば「あじさい」が有名ですが、他にもつつじ・しゃくなげ園もとても綺麗です。
庭園は5000坪もあり、中には花々と豊かな自然が広がっています。
今回はそんな「三室戸寺」についてご紹介します。

目次

  1. 三室戸寺について
  2. 定番スポット
  3. つつじ・しゃくなげ園
  4. その他見どころなど
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

三室戸寺について

三室戸寺について

京都駅からだとJRと京阪を使い、三室戸駅から徒歩15分程かかる為アクセスはやや不便です。

本山修験宗の別格本山であり、西国三十三所の第十番札所でもある三室戸寺は、770年より続く歴史深いお寺です。
いくつも火災で興亡を繰り返したものの、皇室から庶民まで幅広い層に信仰され今に至ります。

あじさい庭園

三室戸寺 あじさい

50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れます。
その綺麗な光景から『あじさい寺』とも称されています。

見頃は年によって変わりますが、平均して6月の中旬が一番となります。

2016年度

開催期間 平成28年6月1日(水)~7月10日(日)
開催時間 8:30~16:30
料金 500円(小中学生300円)

6月11日~6月26日の土・日曜日のみあじさい園ライトアップが行われています。
※19:00~21:00 ライトアップにお越しの方は、19時以前のご入場は出来ません。

三室戸寺 あじさい ライトアップ

三室戸寺 あじさい ライトアップ

三室戸寺 あじさい ライトアップ

つつじ・しゃくなげ園

三室戸寺つつじ

つつじ2万株・しゃくなげ(石楠花)1千株あり、つつじの規模は近畿では指折りのものです。
紫・ピンク・白の花が咲き、ゴールデンウィーク前後が一番の見頃です。

2016年度はもう終わってしまいましたが、2016年4月25日(月)~5月17日(火)に行われており、毎年これくらいの時期に開催されています。

もう枯れてしまってましたが…


その他見どころなど

mimurotoji318

本堂へ行くまでの階段は中々急です…
横に坂道もある為、そちらもご利用下さい。

mimurotoji322

狛蛇

狛蛇

三室戸寺にゆかりのある蛇神・宇賀神をモチーフとしており顔は老人・体は蛇という奇妙な姿ですが、この像をなでると金運がアップするといわれています。

狛ウサギ

狛ウサギ

ウサギの足元にある玉の穴の中に、卵形の石が入っており、これを立てることができれば、運気が上向きになると言われてます。

宝勝牛

宝勝牛

牛の口の中には石の玉があり、これをなでると勝運・金運・健康運が上がるといわれています。
牛のわき腹(写真右)には小さい穴があいており、この穴をのぞくと体内に納められた牛の木像を見ることができます。

本堂

本堂

最後に

所要時間は30分~ってイメージでしょうか。
つつじ・しゃくなげ園の方は案外奥まで登って行けます。

あじさい、つつじ、しゃくなげの見頃の際に是非行ってみて下さい。

5

[最終更新日]2017-01-12

宇治・八幡 寺院・神社

掲載情報は2016年05月26日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内