お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

京都で一度は訪れておきたいスポット!大原の名刹、三千院の見どころは?

[最終更新日]2017-04-12

京都で一度は訪れておきたいスポット!大原の名刹、三千院の見どころは?

三千院は平安時代以前の歴史を持つ門跡寺院として信仰を集めるスポット。
境内の往生極楽院には国宝の阿弥陀三尊像が安置されています。
また「東洋の宝石箱」と称される聚碧園や、わらべ地蔵の姿が愛らしい風光明媚な有清園は、目を見張るような美しさ。
四季折々に美しい絶景をみせてくれる、京都でも人気のスポットです。

目次

  1. 大原のアクセス方法・駐車場
  2. 平安時代以前の歴史を持つ門跡寺院
  3. 国宝の阿弥陀三尊像は必見!
  4. 三千院のさまざまな庭園を満喫する
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

大原のアクセス方法・駐車場

三千院と寂光院 標識

大原は郊外にあり、バスじゃないと行く事が出来ません。
自家用車でお越しの方も駐車場がいくつかある為、何処に止めるか迷われるかと思いますので、下記記事を参考にして下さい。

京都大原のアクセス方法・駐車場や観光スポットについて


平安時代以前の歴史を持つ門跡寺院

三千院について

天台宗の門跡寺院である三千院は、8世紀に伝教大師最澄によって開かれたと伝わります。
1118年に堀河天皇の皇子が入寺して以降、高貴な人や念仏修行者が隠棲する地とされてきました。
もともとは「梶井門跡」や「円融房」などと呼ばれており、三千院と呼ばれるようになったのはつい最近のことだといいます。

国宝の阿弥陀三尊像は必見!

宸殿

三千院の本堂である往生極楽院には、国宝の阿弥陀三尊像が安置されています。
阿弥陀如来の両脇にひかえる観世音菩薩と勢至菩薩は、少し腰を浮かせた「大和坐り」という珍しい姿をしています。
また、往生極楽院内部の不思議な船底天井も見どころのひとつ。
こういった本堂の見どころはお坊さんが詳しく解説をしてくれるので分かりやすいのも嬉しいポイントです。

三千院のさまざまな庭園を満喫する

三千院 客殿・聚碧園

三千院には「聚碧園」と「有清園」と呼ばれるふたつの美しい庭園があります。
客殿から見える聚碧園は、作家の井上靖が「東洋の宝石箱」と称した風格ある庭園です。
清流のせせらぎが心地よい庭園には、冬でも凍らないという「華厳恩愛の手水鉢」が置かれています。

三千院 わらべ地蔵

杉の大木やキラキラと光る苔が印象的な有清園は、観光本やパンフレットなどでもおなじみの風景。
往生極楽院の裏手の苔には小さな「わらべ地蔵」の姿をいくつか見ることができ、そのほのぼのとしたたたずまいには思わず癒やされてしまいます。

大原三千院のアジサイ

さらに、庭園の奥側には広いアジサイ苑もあり、初夏には1,000株以上のアジサイが一斉に開花します。
庭園には初冬にはサザンカやツバキが咲き、秋には目を見張るような紅葉の絶景が広がるなど、四季折々の風情を楽しむことができます。

最後に

三千院側の散策路

三千院の境内は奥にけっこう広いです。
1時間程度かけて見て回ると良いでしょう。
市街地からは離れていますが、ぜひとも一度は訪れておきたいステキなスポットです。

4

[最終更新日]2017-04-12

大原 寺院・神社 観光名所

掲載情報は2017年04月16日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内