お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

紅葉の穴場スポット!京都の鬼門と伝わる「赤山禅院」はどんな所?

[最終更新日]2016-10-14

紅葉の穴場スポット!京都の鬼門と伝わる「赤山禅院」はどんな所?

紅葉の穴場スポットの1つに数えらる赤山禅院は、平安時代に慈覚大師円仁によって建立された寺院です。
参道や境内はモミジで覆われ、秋には燃えるような紅葉の絶景を楽しむことができるスポットです。

目次

  1. 「もみじ寺」赤山禅院の魅力
  2. 赤山禅院の歴史とは?
  3. 鬼門封じの「鬼門の猿」の秘密
  4. 真っ赤なモミジの季節がオススメ!
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

「もみじ寺」赤山禅院の魅力

赤山禅院

修学院離宮と隣接した地に建つ「もみじ寺」との異名を持つ赤山禅院。
都の北東に位置することから平安京の昔から「鬼門封じ」の寺院として名を馳せました。
都に邪気が入らないよう守護する寺院であった赤山禅院の本殿屋根には、鬼門封じの猿が置かれています。

秋には参道や境内に紅葉の絶景がまるでトンネルのように広がり、とても見事です。
町なかを離れた山あいの寺院はひっそりと静寂に包まれ、心安らぐひとときを楽しむことができます。

赤山禅院の歴史とは?

赤山禅院の歴史とは?

888年に慈覚大師円仁によって創建された赤山禅院は、もとは比叡山の塔頭寺院でした。
山門や鳥居、本殿や社などが多く建ち並ぶ、神仏習合の形態がとても興味深いスポットです。
また、赤山禅院は七福神のひとつである福禄寿を祀っていることから、京都の七福神をめぐる人も多く参拝します。

鬼門封じの「鬼門の猿」の秘密

鬼門封じの「鬼門の猿」

赤山禅院の本殿の屋根には、方角を守る「鬼門の猿」が置かれています。
京都の北東に位置する赤山禅院は、平安京の時代から都の表鬼門と考えられてきました。
平安時代の陰陽道によると北東というのは鬼が出入りする方角であり、この地に堂宇を建て鬼門の猿を置くことで、都に邪気が入らないよう守っていたと考えられます。
この猿は夜な夜ないたずらを繰り返したという伝説が残り、現在は金網の中に閉じ込められている姿を見ることができます。

真っ赤なモミジの季節がオススメ!

赤山禅院 紅葉

もみじ寺と呼ばれる赤山禅院は、やはり11月後半に訪れるのがオススメです。
紅葉のピークにあたる11月23日には、お念珠を炊き上げる「数珠供養」が行なわれ多くの人で賑わいます。
また、境内には真っ赤なモミジに混ざってひっそりと咲く秋咲きの可憐な寒桜もあるので、ぜひ探してみましょう。

最後に

所要時間はゆっくりと一周した感じで30分程度でしょうか。
京都の鬼門除けとして名を馳せる赤山禅院には、さまざまな興味深い見どころがあります。
燃えるような紅葉の季節にぜひ訪れたい寺院です。

穴場スポットにも数えられている為、人気紅葉スポットに比べて観光客もやや少なめです。
ご興味がある方は是非一度行ってみて下さい。

2

[最終更新日]2016-10-14

一乗寺・白川通 寺院・神社

掲載情報は2016年10月16日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内