お問い合わせ

おすすめ京都観光 KYOTRIP Kyoto Tourist Guide Web Magazine.

妙心寺塔頭「退蔵院」で、水琴窟・美しい庭園・ユニークな絵画を観賞しよう

[最終更新日]2016-11-24

妙心寺塔頭「退蔵院」で、水琴窟・美しい庭園・ユニークな絵画を観賞しよう

広大な寺域を誇る妙心寺には、退蔵院と呼ばれる塔頭寺院があります。
春には大ぶりの美しい枝垂れ桜が出迎えてくれる退蔵院に、ぜひ赴いてみましょう。

「余香苑」と呼ばれる庭園にはツバキやサツキといった季節の花も咲き誇り絶景です。
また、室町時代の絵師狩野元信によって作られたという枯山水庭園「元信の庭」も魅力的。
ナマズをモチーフにしたユニークな国宝の絵画「瓢鮎図」もぜひ見ておきましょう。

目次

  1. 季節を楽しめる庭園「余香苑」
  2. 枯山水庭園「元信の庭」も魅力的
  3. 不思議な国宝絵画『瓢鮎図』とは?
  4. お食事付きの特別拝観もオススメ
  5. 最後に
  6. アクセス方法など

季節を楽しめる庭園「余香苑」

退蔵院

妙心寺塔頭のひとつ、退蔵院は室町時代に創建された歴史あるお寺です。
桜の季節には、退蔵院の庭園のひとつ「余香苑」に大ぶりの枝を広げた枝垂桜が降り注ぐように咲き誇ります。

余香苑

庭園には水の流れや池があり、ツバキやサツキ、キンモクセイなどの植物も植えられいてステキな雰囲気です。

枯山水庭園「元信の庭」も魅力的

元信の庭

退蔵院には、「余香苑」のほかに「元信の庭」と呼ばれる庭園もあります。
方丈の西側にある「元信の庭」は、室町時代の絵師である狩野元信によって作られた庭園とされています。
こぢんまりとした枯山水庭園はまるで一枚の絵画のような美しさで、眺めていて飽きがきません。

不思議な国宝絵画『瓢鮎図』とは?

退蔵院には、足利義持が僧である如拙に描かせた『瓢鮎図』というとてもユニークな国宝絵画があります。
この絵は、「つるつるとしたヒョウタンでナマズを捕まえることができるか」という題材。
禅僧がその答えや感想を思い思いに発言した内容も書きつけられています。
不思議な絵画にあやかり、退蔵院境内にはナマズをあしらった瓦なども使われています。

お食事付きの特別拝観もオススメ

妙心寺退蔵院 紅葉ライトアップ

退蔵院では、期間限定でお食事付きの特別拝観が行なわれていることも。
満開の桜や燃えるような紅葉が美しい庭園を眺めながら精進料理をいただくひとときは、やはり格別です。
夜の時間帯での特別拝観に参加すれば、ライトアップされた庭園の絶景を眺めることもできます。

最後に

趣のある2つの庭園やユニークな国宝絵画など、妙心寺退蔵院にはさまざまな見どころがありますが、人々に癒しを与える音としても注目を浴びている水琴窟も見落としなく。

一般拝観なら30分程度、お食事付きの拝観なら2時間程度みておくと良いでしょう。

2

[最終更新日]2016-11-24

寺院・神社 金閣寺周辺

掲載情報は2016年11月25日配信時のものとなります。掲載時と内容が異なる場合があります。

関連記事その他にこちらの記事も読まれています。

CATEGORY カテゴリー

   地域から選ぶ
  要素から選ぶ
  イベントから選ぶ

COURSE コース案内

EVENT イベント案内

  • 2017年度GW特別拝観・イベント
  • 2017年度 春期京都非公開文化財特別公開
  •  1泊2日でまわる4大観光名所
  • 京都観光スポット
  • おすすめ観光コース
  • バス乗り場案内