曼殊院(曼殊院門跡)

manshuin

所要時間:約30分
京都駅よりバスで約55分+徒歩約20分

正式名称 曼殊院(まんしゅいん)
通称名称 曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)

曼殊院は、最澄によって比叡山の鎮護として建てられたことにはじまる格式高い門跡寺院。本堂がなく仏間に本尊が安置されるなど、独特の構造が特徴的です。国宝の不動明王画像「黄不動」をはじめ多くの貴重な文化財を有し、江戸期の文化人、小堀遠州好みの美しい庭園と茶室も必見です。

  • 住所 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
    TEL 075-781-5010
    拝観・開館時間 9:00~17:00
    拝観料     一般 団体割引 障害者
    大人  600円 550円  450円
    大学生 600円 550円  450円
    高校生 500円 500円  400円
    中学生 400円 400円  400円
    小人  400円 400円  400円
    ※6歳以下無料 団体(30人以上)割引
    休日・休館 無休
  • 車椅子 可(介護者2名以上必要)
    交通案内 叡山電車 修学院下車 徒歩約20分
    市バス・京都バス 一乗寺清水町下車 徒歩約20分
    駐車場 あり
    収容台数/料金 50台分 / 拝観時のみ無料

大きな地図で確認する